私は、いい死に方をしない

私がどんな人間なのか?

一言で言えば、 「強引MyWay」。

自分がこれだと思い、考えれば、すぐ行動してしまう。

他人には迷惑をかけることはしないが、どうしても身内には心配という迷惑をかけてしまった。

両親には、本当に心配ばかりかけた。

想像以上の心配を・・・。

といっても警察のお世話にはなっていませんが。

だから、いい死に方はしないと思ってます。

どんなことをしたの?って言われることと思うが、いっぱい
あるので、これから、
徐々にお話していきたいと思います。

一番はじめのことを少しお話しますと、

父は、非常に厳格な人で、大学生になっても門限19時と
いうなかなかの人でした。

もちろん それまで外泊もしたことがなかったです。

家業をしていたこともあり、中学から春、夏、冬休みは、手伝いでした。

バーゲン時期は、お得意先の店頭で大声あげて販売してました。

友達との付き合いもできなかった。

そんなある時(大学2回生の夏)、自立しようと思ったのでです。

といってもお金がない。

そこで考えたのが、住み込みです。

そして親に対しての意地で大学はでたい。

いろいろ考えた結果、新聞配達員であった。

大学の近いところで、その希望は叶ったが、神様は、親不孝者に試練をくださいました。

その新聞販売所は、すごく折り込み(チラシ)が多く、そこの所長は働かない。

つまり、すべて私に教え、後は私にすべて任せるというものでした。

朝は、2時に出て、新聞を受け取り、自分とアルバイトさんの折り込みを新聞に入れ、
それが終わって配達。

配達も2~3人分、それが終わり帰ってきたら、10時まで不配当番(配達ミスの電話当番)。

それから、寮に帰って1時に出勤、夕刊が終わるのが、6時前そして明日の折り込み準備。

これがすごく時間がかかるのです。

なんせ、量が多いから、普段の日で、11時ぐらい。金土なんかは、1時前ぐらい。

寝る時間がなかった。

その合間を見て大学。

半年間ですべての地域を覚えさせられた。

なぜでしょう?

それは、アルバイトさんが休んだとき、代配させるためです。

また、新規、継続の販促のためです。

寝るところはあっても、食事なし。

だから、はじめの給料をもらう1週間は、お金がなく、

水だけという経験もさせて
もらった。

もちろん、家具なんてなし。

持っていたお金で買ったふとんだけ。

でもそれだけ働いたのなら、給料すごくもらったでしょ?と思われたかも知れませんが、
10万ちょい。

その時は、分からなかったが、後で働いた違う新聞販売所で同じ
ぐらいの配達部数で25万
強でした。

この社会人?スタートが今から考えて、丁稚奉公的な所でよかったのだと感謝しています。

こんな感じで、だらだらとした文章になるかと思います。

なんせ国語力低いので。

お許しください。

末永く購読のお付き合い頂ければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る