退院の前日やっと石膏ブーツを脱ぐ作業でした。

 電ノコみたいなもので石膏部分を切っていきます。


おいおい!
足まで切るなよ!と心の中で叫びながら、その作業はあっという間に終わりました。

 あの開放感・・・
なんともいえない左足・・・
歩けるというのもありがたいことなんですが、あのすっきり感がなんとも言えなかったことを今でも覚えています。


これからは、別居生活・・・


寂しいといえば寂しいですが、仕方ないことだったのでしょう?

 たまたま弟名義で抽選当選した高層マンションで一人暮らしがはじまるのです。


生まれて初めての一人暮らし。
寂しいようなうれしてような感じです。

だれにも束縛されないけれど、帰ってきた時のなんともいえない静けさ・・・


といってもすぐになれてしまいましたが。


人間慣れというものは本当に恐いものですね・・・


良いわけになるかも知れませんが、ほとんど仕事でしたから、寝るだけに帰るみたいな生活です。


もちろん休みもありませんから・・・


夕食は、実家で母親のご飯を食べて、会社に帰って仕事という毎日でしたから。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る