寂しがり屋の女好き

 
確かに私は、寂しがり屋の女好きと言われても否定はできません

言い訳っぽく聞こえるかもしれないが、風俗は行かないです

お金で遊ぶのは、苦手!

一度は、経験と好奇心で行くけれど、二度と行くことはないですしなっかた

だから、親友は、それがもっと女泣かせで、たちが悪いと説教される

前回キーセンのお話をしましたが、始めて韓国へ行った時以外お持ち帰りはしていません

もう同じ店ばかり行くとほとんどの女の子と知り合い感覚になり、お友達関係になりました

そんな女の子達の中には、ソウル近郊から働きに来ている子も多く、タクシー代もバカにならないとか言って、数人でホテルに押しかけて来る時も多々ありました

私のことをなんだと思っているのか、慣れてくると下着姿で部屋をうろうろする子までいました

本来は、泊めることはできないのですが、常連客でいつも目立っていたので、フロントの人やボーイさんに顔も来たのでできたことです
しかもそこそこの高級ホテルで・・・

お付き合いはしませんでしたが、でもみんないい子でした

たまに店から直接ディスコやカラオケへ行くことも、そんな時女の子がよくおごってくれました





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る